​牛のいっちゃん
 2019  ​ ​作・絵 エリー
​​私は黒毛和牛を育てる農家で育ちました。中でも思い出深いのは目の見えない牛のいっちゃんです。いっちゃんと育った思い出や子供の頃の気持ちを思い起こして描きました!このえほんは、一冊一冊、全て手製本で仕上げています。一冊仕上げるのに最短で2〜3日かかっています。​手に取った時の厚みにこだわった結果、手製本になりました。受注生産のため皆さんの手元に届くまで少々お時間いただきますが、その分気持ちを込めてお送りさせていただきます。

◆お値段は一冊5,000円+送料360円

※ご注文はメールにて受け付けます。HPのメールボタンを押していただくと、すぐにメールができるようになっています。お振込みなどの詳細はメールでご連絡します。

表紙.jpg
​ばあちゃんの行く道
 2019  ​ ​作・絵 エリー
​​【主役】ばあちゃん。東北の人間。農家。90歳。終戦後の年、1945には20歳くらいだったばあちゃん。世の中の酸いも甘いも嚙み分けたばあちゃんとの生活の知恵?人生の教訓?もはや虐待?そんな日常を更新します。毎週月曜日、ホームページにて連載中!
​ゆうき
 2018  ​ ​作・絵 エリー
​​牛の姿で生まれたゆうきが、まわりの人たちと違うことに悩みながらも、地域の人たちと接する中で前向きになっていくお話。私の引きこもり時代、里帰り出産をした姉が分娩室で頑張っているときに浮かんできたストーリーです。他人と比べたり、見た目や個性の違いで差別を受けたり…それってどうなんだろう?ということを考えたいと思いつくりました。