検索

最近思うこと

今年に入って近所のおじいちゃんが亡くなってとても悲しいです。


私の絵本は人との交流が生まれるモノにしたいのですが、

その理由の一つに地域のじいちゃんばあちゃんたちにも育ててもらったという意識が強いからです。


亡くなったおじいちゃんは、地域の年間行事や農家の暮らしをまとめた資料を作っていた人です。

形に残したいからと、パソコン教室に通って作っていました。

そのおじいちゃんが嬉しそうに昔の話をしてくれる笑顔がとても好きで、

いつかこの話を絵本にしたいと思っていたら………。


大人になっても考えてしまいますが、何故人って必ず死ぬんですかね。

時間は有限だからこそ皆一生懸命生きるんでしょうが……。

平泉の地域の人たちがいなくなっていくのが悲しいです。



自分の描いた絵本を通じて平泉の人と読者の交流が生まれる。これには、そのおじいちゃんとの交流も含んでいたので………。

有限だから、今年は春には絵本を印刷して、

夏~秋には平泉に人を呼ぶ企画をしようと思います。




おじいちゃんにあの世でも良いことがたくさんありますように🍀


121回の閲覧

最新記事

すべて表示

生きてさえいれば

生きてさえいれば それだけで価値がある あの人よりこれが得意 私の方があれができない 目標をもっていきなければいけない そんなことはない 生きてされいれば それだけで価値があるんだ と、 どうして気づけたのか ついてないなぁ 涙が出そうだ でも笑おう 今日はたくさん笑ったなぁ そう振り返られることに価値がある と、 どうして気づけたのか 9度目の3.11 生きてさえいれば それだけで価値がある と